柔道 試合

昭和63年柔道全日本、今も心に残る斉藤仁の気迫の勝負

更新日:

昭和63年、大学生になり柔道部に入部しました。スポーツ推薦枠などない、一般学生による弱小柔道部です。

入学早々の4月29日、昭和最後となった天皇誕生日に行われた「全日本柔道選手権大会」。全柔道人が出場を夢見る最高峰の大会を、部員全員で日本武道館まで観戦に行きました。

小川、正木、斉藤…勝つのは誰だ?

この年は、秋にソウルオリンピックが行われるということで、日本柔道界は代表選考、特に重量級で混沌とした状況にありました。

いちファンからすると山下泰裕引退後、世界で苦戦する重量級の中で誰が意地を見せるのか、興味深いところでした。

「全日本選手権」と、その後に行われる「全日本選抜体重別」が、代表決定戦と位置付けられていました。

彗星のように現れて一気に世界選手権を制した明治大学3年生の小川直也。

全日本選手権2連覇を果たしたものの、世界選手権ではまさかの惨敗を喫した天理大学出身の正木嘉美。

そして長らく山下選手につぐナンバー2と呼ばれていたものの、負傷もあり後塵を廃していた形の国士舘大学出身の斉藤仁。

「全日本」、そして代表争いは、この3名に絞られていたのです。

話題をさらった吉田秀彦の登場

下馬評では、ややリードという感じで新星・小川が本命。

それに次ぐのが、まだ日本のエースという印象が強い正木。

正直言ってセミリタイア状態という印象の斉藤は大穴、といったところ。

小川は前年の世界王者、正木は同大会の前年度優勝者ということで、両者は推薦での出場でした。

それに比べて斉藤は直近での戦績が全くないために、東京都の予選から出場。それを制しての「全日本」となりました。

オリンピック重量級代表レース以外で話題をさらったのは、後に総合格闘技のプライドのリングにも上がった、当時明治大学1年生の吉田秀彦でした。

吉田は前年度、80キロという小さな体で世田谷学園高校のエースとして大活躍。同校を団体戦3冠王に導き、自らもインターハイ個人戦を制したのでした。

もちろん、同学年として憧れの存在でもありました。

そんな吉田ですが、緒戦で体格の近いベテラン・大迫明伸に優勢負け。まだ「全日本」で勝つのは早いか、という印象でしたが、この対戦相手の大迫が重量級代の闘いに影響を与えることになります。

優勝候補・小川直也の準々決勝

さて、さすがに重量級の3選手は順当に勝ち上がっていきました。

波乱が訪れたのは準々決勝。

下馬評では本命と言われていた小川、そして吉田を破って勢いに乗る大迫の対戦となりました。

日本人離れした体格、そして若さと勢いで勝ち上がってきた小川ですが、老獪な大迫の柔道にイラついているのが見ていても分かりました。

結局、小柄な大迫を捕まえることが出来ず、僅差の判定負け。優勝候補の本命が、ベスト8で姿を消したのです。

ちなみに、この勢いのまま大迫はソウルオリンピック86キロ以下級の日本代表となりました。

今も忘れない正木vs斉藤の決勝戦

決勝戦に進出したのは正木と斉藤の2人。

勝てば3連覇となる正木と、幾度か山下泰裕に阻まれてきた初優勝を狙う斉藤との、大一番の実現となりました。

なぜ、この昭和の決勝戦が、平成を経て令和となった現在でも心に残っているのか。

地獄を見た柔道家による極限の気迫が、日本武道館2階席で観戦していた弱小柔道部員にも、震えを覚えるほど伝わってきたからなのです。

長らく「山下2世」と呼ばれながら時代を掴むことが出来ず、度重なる負傷で稽古どころかリハビリに追われてきた斉藤。かつてのような華麗な投技は影を潜め、寝技を多用した泥臭い勝ち上がりでした。

這い上がるようにして決勝まで来たからには、決して王座は渡さぬという気迫です。レベルは違えど自分自身、のちに大事な試合の前にはビデオで見返して斉藤の気迫にあやからんとしたものです。

さて、試合の方は、斉藤がとにかく前に出るという展開。

大きな技の仕掛けこそないものの、正木は防戦一方となっていました。

そして、ここぞというときは場外まで遮二無二追い込んでいく斉藤。残り1分を切ったあたりからは、その形相はまさに鬼!10分間の試合を終えると、当然のように旗は斉藤に上がったのです。

その後、「全日本選抜体重別」では決勝戦で小川を破り優勝した斉藤。大穴から代表となったソウルリンピックでは、他の日本人が全滅し史上初の「金メダルゼロ」が危惧された場面にて、またも気迫の柔道で優勝を果たしたのでした。

斉藤仁は平成27年1月、54歳の若さで鬼籍に入りました。

稀代の柔道家が昭和の終わりに見せた名勝負は、今も心に残っています。

(文・大星タカヤ)

テーマから選ぶ

柔道 (35)女子 (30)得意技 (26)剣道 (18)大学柔道部 (14)高校柔道 (12)ボクシング (11)試合展開 (11)減量 (10)練習法 (8)空手 (8)指導 (7)総合格闘技 (6)スタミナ (5)社会人 (5)システマ (5)体格差 (5)寝技 (4)高校空手 (4)キックボクシング (4)絞め技 (4)背負い投げ (4)カウンター (4)インターハイ (4)小手 (4)国体 (3)試合終盤 (3)柔術 (3)高校剣道 (3)中学柔道 (3)増量 (2)内股 (2)監督 (2)レスリング (2)プロレス (2)女子ボクシング (2)団体戦 (2)先輩 (2)自信 (2)デビュー戦 (2)村田諒太 (2)合気道 (2)膝つき背負い (2)水抜き (1)怪我 (1)スパーリング (1)出稽古 (1)横四方固め (1)田村亮子 (1)ヒクソン (1)チョーク (1)後の先 (1)古武術 (1)鹿島神流 (1)シューティング (1)グレイシー (1)左ストレート (1)バックポジション (1)中井祐樹 (1)MMA (1)アマチュアボクシング (1)安全性 (1)KO負け (1)サウスポー (1)右フック (1)関光徳 (1)バーリトゥード (1)腹筋 (1)立ち背負い (1)柔道全日本 (1)小川直也 (1)吉田秀彦 (1)斉藤仁 (1)腕立て伏せ (1)打たれ強さ (1)正木嘉美 (1)那須川天心 (1)1000万円シリーズスペシャルマッチ (1)極真空手 (1)出小手 (1)出頭小手 (1)攻め (1)痛み (1)呼吸 (1)受け身 (1)プレッシャー (1)小内巻き込み (1)佐竹雅昭 (1)ディープハーフガード (1)ハーフガード (1)クセ (1)歩行 (1)ダンス (1)ケガ (1)ドン・中矢・ニールセン (1)猪熊功 (1)矢尾板貞夫 (1)ジョナサン・ゴンサレス (1)大学剣道 (1)呼吸投げ (1)一教 (1)崩し (1)古賀稔彦 (1)ストライク (1)松田玲奈 (1)田中恒成 (1)東京五輪女子ボクシング (1)面抜き胴 (1)面返し胴 (1) (1)シャーシュカ (1)システマ剣術 (1)ミカエル・リャブコ師 (1)るろうに剣心 (1)亀田興毅 (1)朝乃山関 (1)相撲 (1)天海ツナミ (1)藤岡菜穂子 (1)強豪校 (1)小学生 (1)敗北 (1)桜庭和志 (1)中邑真輔 (1)筋トレ (1)新日本プロレス (1)試合運び (1)回り込み (1)修斗 (1)佐藤ルミナ (1)五味隆典 (1)ファイトマネー (1)反復練習 (1)中学相撲 (1)ジャブ (1)河野公平 (1)がぶり返し (1)がぶり (1)練習方法 (1)打込み (1)大外刈り (1)アッサン・エンダム (1)突き (1)井上尚弥 (1)裸絞 (1)乱取り (1)接近戦 (1)高波義行 (1)ウィリー・ウィリアムス (1)アントニオ猪木 (1)大学体育会 (1)体力 (1)先生 (1)

良く読まれている記事

合わせて読みたい

高校で柔道部に入部した時、2年生はおらず、3年生の先輩だけが6人いた。 話上手で面白い人、厳しいが面倒見の良い人、いろんなタイプの人がいたが、ひときわ気になる先輩がA先輩だった。 A先輩は少しだけ人と ...

RIZINやUFCで見ることができる、打撃あり寝技ありの攻防は今でこそ当たり前ですが、90年代のある時期までは存在しませんでした。 当時、「バーリトゥード」と呼ばれ、まだ全貌が明らかでなかった新しい格 ...

私が、剣道をし始めたのは小学校4年生(1980年代)の時でした。きっかけは、運動不足気味だった私を見るに見かねて、両親が近所の町道場の入門を勧めきたことでした。 当時は、空前の剣道ブームで、私が通って ...

柔道男子95kg以下級の井上康生選手は、スポーツ選手の中でも国内外問わず誰でも知ってるほどの有名な選手。シドニーオリンピックでの決勝で見せてくれた見事な内股は世界中を湧かせました。 アテネオリンピック ...

学生時代は柔道部に所属していましたが、柔道を始めたのが大学生からであったため、あまり強くはなれず、満足な結果を残すことができませんでした。 特に柔道の要である投げ技のキレが他選手と比べて劣っておりまし ...

以前から剣道、日本拳法、居合を嗜んでいたが、どれもが学生時代に部活等で始めたのがきっかけであった。 どれも最初は遊びや体育の授業の延長のような物としてとらえていた。そこに通う学費は親が出していてくれた ...

39歳になろうとする年に、マスターズ国際柔道大会に出ることを決意しました。現役を離れること約16年、ルールも新ルール適用なので帯から下を触ることができなくなっていました。 私は、肘と肩を故障してからと ...

自分は試合までに約10Kgの減量を行う。普段は75Kgで試合は65.8Kg以下のフェザー級で試合をしていた。 計量が終わってから試合までに5~7Kgは戻すことがきた。これでコンディション良く動けていた ...

2001年といえば世の中はK-1ブームの真っ只中。外国人選手も多く活躍し、日本人でも格闘家が、アイドルのような存在だったころ。 地上波でも、普通に格闘家がバラエティ番組に出演していた。 格闘家が雑誌の ...

私は中学生の頃、個人戦で全国大会出場をめざしていました。しかし地元でずっと戦っていたため、得意技や試合の運び方、クセなど全て研究されてしまい、簡単に勝つことが難しくなってきました。 そんななか寝技の強 ...

私の父は剣道の指導者だったため半強制的に剣道を習わされた。そのため、人一倍厳しくしごたれたであろう。技も沢山教えてもらった。その中で一番好きな技が胴である。 初めての得意技は面返し胴 剣道は時間内に相 ...

-柔道 試合
-, , , ,

Copyright© 格闘技を語ろう , 2019 All Rights Reserved.