空手 試合

UWFの蹴り技に憧れて大学空手部へ!初試合で蹴り技を出せなかった話

小学生の頃からプロレスファンで橋本真也や高田延彦の蹴り技に憧れ、自己流で蹴りの練習をしていた。 蹴り技を極めるために大学空手部に入部 蹴り技を極めるべく大学で空手道部に入り、本格的に打撃系格闘技を始めた。大学のレベルはシード校には必ず負...
ボクシング 試合

初のボクシング観戦で身近な選手が初黒星…敗戦が心に残る理由

ボクシングはテレビで見るのと実際に会場に足を運んで見るのとでは迫力がまるで違う。 そして、有名選手の試合を見るのと、多少なりとも身近に感じている選手の試合を見るのとではこちらの感情の動きも随分変わるようだ。 とくに順風満帆に見え...
柔道 技術

初心者には背負い投げより体落?喧嘩四つの組手で見つけたコツ

ブルースリーの映画「燃えよドラゴン」にはまって、カンフーや空手に興味を持つようになりました。いずれは、最強の極真空手をやろうと思っていました。 ところがある時、スポ根もので有名な梶原一騎先生の自伝のような本を読んだのです。 極真空手...
プロレス 試合

テキサスブロンコ魂とは?ファンクスvsブッチャー、シーク

今はたしかに新日本プロレスブームかもしれない。 昭和プロレスファンの僕が見ても、試合のレベルは高い。技も高度でサーカスのような動きもあり、スピードも速い。 だが、何かが足りない。良い試合はたしかに多いが、なぜか記憶に残らない。自...
キックボクシング 指導者

心理学の専門家がキックボクシングジムに通って変化したものとは?

格闘技はもとより、運動と縁遠い自分がキックのジムに通い続けられたのは、そこに私の居場所感を作ってくれたインストラクターさんがいたからだ。 格闘技とは縁遠かった私にとって、ジム通いは何もかもが異種な体験の連続であり、それを続けられたおか...
空手 技術

防具付空手の試合でK-1マイケルトンプソンの後ろ回し蹴りは使える?

中学時代、近所にあった防具付空手の道場に通っていました。 道場には小中学生が数名通っており、競技に勝ことを第一として練習に励んでいました。 防具付空手に求められる正確性と威力 防具付空手の試合は、顔面と胴体に防具を付け、防具を付け...
ボクシング 技術

倒さないパンチ!サウスポーが右フックで相手をコントロールする方法

高校生の時、なんの部活動に入ろうか迷っているときボクシング部に出会いました。 もともと格闘技には興味があったので入部を決め、最終的には大学でも4年間続け、最高成績は全国大会準優勝までいくことができました。 サウスポーの左ストレートと...
剣道 技術

小学生剣士が見え見えの出小手狙いで面で一本を取れる理由

私は小学校4年生で剣道を始めました。故郷は全国の中でも剣道が盛んな地域で、当時は近隣の13道場で約1,000人の小中学生が日々稽古を積んでいました。 私が所属していた道場にも70名ほどの部員がおり、遅れて剣道を始めた不利もあって、レギ...
柔道 試合

柔道を真面目に続けただけの男のデビュー戦…強豪に引き分けた理由

私は、中学から柔道を始めました。 私の中学は地区ではベスト8かベスト4を行ったり来たりの微妙なポジションにいました。 はじめた動機は何か素晴らしい志があったわけでもなく特に身体がデカいわけでもない。 ただ仲の良い幼なじみが...
プロレス 試合

UWFの中年覆面レスラー「マッハ隼人」とは…初テレビマッチで回想

世間ではコロナウイルスが蔓延して、プロレスの興行はほとんど行われていない。だが、今は便利な時代で、自宅にいながらネット環境でいろいろな昔のプロレス動画を見ることが出来る。 僕が今、はまっているのが、小学校の頃に解散した「国際プロレス」...
スポンサーリンク