総合格闘技 試合

市原海樹vsホイスグレイシー…大道塾生がUFC挑戦に興味が無い理由

約20数年前、大学生だった私は大道塾というフルコンタクト系の空手団体に入門していました。 大道塾ではスーパーセーフという顔面全体を覆うヘッドギア防具をつけて顔面パンチ、投げ技、締め技OKの北斗旗ルール(現在は空道ルールと改称)で試合を...
剣道 練習

剣道の追い込み稽古で意識する【基本・体幹・手首の返し・精神力】

剣道の練習において、定番の辛い稽古に「追い込み稽古」がある。 追い込み稽古は文字通り、受け手と攻め手がペアになり、格技場や体育館を可能な限り広く使い、連続技を繋げることで肉体を追い込み、体力の向上を図る稽古だ。 中学生で剣道の追い込...
武器 指導者

弓道部OB、OGとの理想的な関係…技術指導から進路相談まで

私は高校生の時に弓道部に所属していました。 弓道部には顧問と副顧問がいますが二人のとも弓道経験はありません。 そんな中指導してくださったのはOGの方二人です。男性と女性で週一程度、学校に来てくれます。 二人とも元国体選手で...
ボクシング 減量増量

30代ボクサーが6キロ減量に挑戦…体重が落ちても動きは良くならない

普通の試合であれば、ボクシングは階級制のスポーツですので、その階級の規定体重の範囲内に収めなければいけません。 一方、プロテストは「何キロまで落とさなければいけない」という規定はなく、当日体重こそ測りますが、体重の近い受験者同士をスパ...
RIZIN

RIZIN白鳥大珠戦の試合展開…大雅が全盛期の勢いで巻き返しを図る

2019年10月12日RIZIN19にてRIZINキックボクシングの名試合が生まれた。 現RISEチャンピオン白鳥大珠vs元K1チャンピオン大雅だ。2019年度無敗の白鳥に対してここ数年負け越しの大雅。ただ大雅も一度はK1のベルトを巻...
空手 減量増量

高校生がフルコンタクト空手ウエイト制に向け減量!落とし過ぎに注意

毎日のように繰り返される 練習 という名の人体実験…。 兄が空手を習っていたので覚えたての突きや蹴りをサンドバック代わりに受けていた中学時代。 俗に言う英才教育を強制的に受けていた僕は、高校入学と同時に兄と同じ空手道場に通い始め...
武術 技術

試合でテコンドーのかかと落とし!WTFとITFで使い方に違い?

私は中学生の頃からテコンドーを始め、現在は少年部、青年部でテコンドーの指導をしながら試合にも出場しています。 その中で私が一番得意としている技が「かかと落とし」です。 テコンドーのかかと落とし 「かかと落とし」はハングルで「ネリョ...
空手 練習

顔面ありの大道塾ルールへの対応…脳トレで反射神経を高められる?

1990年代、大学生だった私はフルコンタクト系の空手に入門していました。 大学進学までフルコンタクト空手はおろか格闘技をしたことはなく、当時、ブームに火が付き始めていたK-1を見て格闘技に興味を持ちました。 顔面ありの大道塾ルールへ...
空手 練習

女子高空手部「笑え!」の実践でインターハイベスト8へ

高校空手道部の顧問の先生は空手経験者で、幼いころから空手をはじめ高校・大学では全国大会上位に入賞した経歴を持つ先生でした。先生は男性です。 よくも悪くも手加減はありませんでした。 泣きそうときにでも笑え! 先生の指導のひとつに「笑...
プロレス

NEVERのベルトの価値を高めた鷹木信悟vs石井智宏の一戦

新日本が管理するNEVER無差別級のベルトには、N→New Blood(新しい血)、E→Evolution(発展、進化)、V→Valiantly(勇敢、試みる)E→Eternal(永遠に)、R→Radical(根本的に、基本的に)という意味...
スポンサーリンク