ボクシング 試合

ドネアvs井上尚弥、40代元プロボクサーに響いたドネアの勇気

令和元年11月7日、待ちに待ったWBSSバンタム級決勝戦が行われました。 WBA世界バンタム級スーパーチャンピオン ノニト ドネア(比) VS WBA正規、IBF世界バンタム級チャンピオン 井上尚弥(大橋) 日本...
ボクシング 裏話

元不良ボクサーが少年院へ、その後復帰し世界ランカーになった話

私は17歳の時にプロボクサーとしてデビューし、勝ち負けを繰り返した後、視力低下で引退を余儀なくされました。 その後、トレーナーや雑用などでジムに残り他の選手のサポートを始めた頃のことでした。 高田(仮)という1人の少年が入門して...
キックボクシング 試合

大月晴明のファイトスタイル…計算された、意表をつく試合の組み立て

大月晴明という選手をご存知でしょうか? キックボクシング界ではすごく有名な選手で、あだ名は『爆腕』。 豪腕ではなく、『爆』腕です。 試合を見たら一目瞭然、「ああ、こりゃ『爆』だわー」ってなります。 大月晴明の試合には...
ボクシング 試合

徳山昌守VS川嶋勝重のタイトルマッチを観光気分で見に行った結果

2004年6月28日、ボクシングW世界タイトルマッチ。 ボクサーをしていた20代前半の頃、一緒に入門した先輩と奮発してリングサイドで観戦した試合です。 ・WBC世界ミニマム級タイトルマッチ 王者 イーグル京和(角海老)VS 挑...
空手 指導者

弱そうに見える武道の達人は実在する?60代空手家のカウンター技

体の衰えとともに弱くなる。そう思っていた僕は20代から始めた空手を「遅い」と思っていました。 でも、ある先生に出会ってその考えは間違っていたと感じました。 空手をやるのは、アスリートではない。武道家であるという事を教わった話です...
ボクシング 試合

もう、かませ犬だと笑わせない!負け続き、蕎麦屋プロボクサーの矜持

私が17歳でプロボクサーとしてデビューしたジムに十林さん(仮)というボクサーがいました。 20代後半で見た目はちょっとずんぐりむっくりした体型、優しそうな顔をした人でした。私がジムに入門した当初から優しくしてもらい色々と教えていただい...
ボクシング 減量増量

高校生でテストを受けてプロボクサーに…1カ月で7キロの過酷な減量

もう20年以上前のこと。私は17歳のときにボクシングでプロデビューしました。 地方にある田舎の小さなジムでしたので興行をやるのに人数合わせやジムの都合もあったと思います。 私がいたジムは日本ランカーが1人、A級ライセンス2人、B...
柔道 試合

リオ五輪で見た大野翔平、勝った後の振舞いをお手本に

柔道が大好きで小学生の頃からシニアの柔道大会などを実際に会場で観戦したり、テレビ放送などの映像で見たりしていました。 中学、高校の試合では県内でまずまずの成績を残していました。中学や高校では、大会で優秀な成績を残すと全体集会などで全生...
キックボクシング 技術

試合中の心構えは五輪書に学んだ!駆け引きに強くなる4つのポイント

「ヴェーい、ヴェーいヴェーい、おーい!!」 このセリフはキックボクシングでミドルキックの応酬の時によくあるセコンドの掛け声です。格闘技の試合のセコンドの掛け声は変わったものが多くて面白いですよね。 フルコンタクト系空手の試合だと...
柔道 減量増量

高校柔道で10キロの増量に成功した食事メニュー

私は小学生の頃から柔道をやっています。当時は、平均身長より背は高かったのですが、線が細く柔道をやるパワーが不足していました。 中学生の頃までの団体戦は、体重が軽い順に先鋒、次鋒、中堅、副将、大将という並び順で同じような体格の選手とやる...