プロレス 試合

中西学、見捨てずにいて頂きありがとうございました…棚橋弘至戦を終えて

学生時代、レスリング同好会でオリンピックを目指していたあの時から早10数年。毎日、ダンベルやバーベルを上げ、大型選手のタックルを受け、倒される。 過酷なトレーニングの末、バキバキに割れ鍛えあげた身体は嘘のようにたるんでいた。 大...
プロレス 試合

ドラゴンゲート ビッグマッチの金網戦!CIMAとT-Hawkの勝負に感動

ドラゴンゲートにハマった自分が初めて生で見た試合は、ドラゴンゲートのビッグマッチでした。 ドラゴンゲートでは毎年5月5日愛知県体育館でビッグマッチを行います。自分も家族とともに静岡県から愛知県にいき、この試合を生で見ました。 ドラゴ...
レスリング 練習

レスリング強豪校に出稽古!考えてやる練習の成果は?

私のいた大学レスリング部では部員が50人いて一回のマット練習は2時間半程やっていました。 準備運動から打ち込み、軽い取り合い、グランドスパーリング、普通のスパーリング、補強といった流れです。 これを毎日午後17:00~19:30...
レスリング 技術

レスリングで片足タックルを決めるには?両足タックとの違い、崩し方

父親が高校時代レスリング部であり大人になってからはジュニアレスリングクラブのコーチをしていたためその影響で自分もレスリングを始めた。 最初は親にやらされている感があったがだんだんと練習を重ねていく内にレスリングをすることに楽しみを覚え...
レスリング 技術

レスリングの試合で櫓投げ(やぐらなげ)を決めるコツ

幼稚園の年中から、中学校3年生まで水泳を11年間やっていましたが、学生時代はPRIDE全盛期で、桜井マッハ速人vs五味隆典に釘付けになり、格闘技をやるしかない!と思い、高校からレスリングを始めました。 レスリングの櫓投げ(やぐらなげ)とは...
空手 技術

長身女子が小学生空手の全国大会で上段蹴りを決めるまで

空手を始めたきっかけは喘息治療。 幼いころから喘息持ち。体調はよく崩し、体力がないためマラソン大会はいつも最下位。そんな私を見て母が勧めてくれた習い事が「空手」でした。 喘息治療のために空手を始める なぜ喘息治療のために空手を選ん...
プロレス 試合

小林邦明戦で確信…プロレスマニアがミル・マスカラスを卒業する理由

プロレス観戦歴も5年を超え、全日本プロレスの中継も見るようになった。昭和50年代に僕が夢中になったのは、やはり仮面貴族ミル・マスカラスだった。 華麗なマスク、ビルドアップされた体型、そして代名詞の空中殺法。また、入場テーマ「スカイハイ...
空手 技術

カウンターの上段蹴りで、伝統派空手強豪校からオファーをもらう話

私は小学校1年から空手道を始めました。私がやってきた空手道はいわゆる伝統派空手で、特に組手に力を入れてきました。 伝統派空手、カウンターの上段蹴り 私が得意とする技は上段蹴りです。伝統派空手の組手において、上段蹴りは文字通り頭部に対する...
総合格闘技 試合

【UFC250】どうなるヘンリー・セフードvsジョゼ・アルド?

2020年5月10日のUFC250でヘンリー・セフードvsジョゼ・アルドのバンタム級タイトルマッチが行われる。 ここではヘンリー・セフードに注目してみよう。 レスリングベースの怪物ヘンリー・セフードとは ヘンリー・セフードは北京オ...
ボクシング 減量増量

ラグビーからボクシングへ…過酷な10キロ減量を経て初試合に勝利!

高校生の頃、ボクシングの公式戦に出場しました。階級制ですので減量が必要でした。 自身の体重は73kg程あり、当時の日本のボクシング界ではある程度体格の良い人間は他のスポーツをやるためか、ボクシングをやる人は軽量級が多く、同じ位の体重の...
スポンサーリンク