マスボクシングなのに顔面クリーンヒット!?社会人ボクサーとの出会い

スポンサーリンク

商業高校時代、生徒は女子ばかりで喧嘩もした事がなく、他校の男子生徒から「○○高校」と呼ばれ馬鹿にされていました。

それは専門学校に進学してからも続き、私も男なので、徐々に怒りが燃え上がり始めました。

そして専門学校卒業が近くなる頃、私は決意し初めてボクシングジムに通う事になりました。初めて入門したジムは、ボクシングだけでなく、キックボクシングも習えるジムでした。

私はボクシングを選択し、ボクサーとしての人生が幕を開けました。

ボクシングの厳しいミット打ち

始めた当初は、基礎練習を何時間かやった次の日は、全身筋肉痛になるほどきつい競技だと実感しました。

練習を何日か行い数日経った頃、ある方と出会います。その方は私がボクシングを初めた当初はジムの会長をしており、私がプロボクサーになる為に移籍する頃にはジムのオーナーになっていたKさんです。

Kさんは私にボクシングをみっちり教えてくれた人物になります。

一番印象に残っている練習は、ミット打ちになります。

3分間のブザーが鳴ってもミット打ちは続き、それを何ラウンドも続ける、とても過酷なミット打ちでした。しかし、当初の私はボクシングを極めたかったので、過酷ながらも日に日に上達していく事が実感できていました。

やはりボクシングは過酷な競技なので、このような厳しい人物との出会いが、私がボクシングを続けたきっかけの一つになります。

レベルの違う社会人ボクサーとの出会い

そして、私がボクシングを始めて数カ月経過した頃、Sさんという方が、ジムに訪れました。当初見た時は、顔が怖く明らかに他の練習生とは違うオーラの持ち主でした。

私はSさんの試合は観た事はないのですが、社会人の試合に出場していた選手だと伺いました。

そしてSさんのミット打ちに入りました。スピードやパンチの打ち方どれを取っても、私や他の練習生のミット打ちとは違う物で、その時の光景は忘れられず、現在でも記憶の中に残っています。

マスボクシングなのに顔面クリーンヒット

ある時Sさんに、「マスボクシングをやろう」と声を掛けられました。

この日が初めての会話になりました。マスボクシングはSさんと出会う前から、他のトレーナーから教わり、練習生の方達とやっていたので、ある程度は知っていました。

スパーリングとは違い、寸止めや相手のグローブに当てる練習です。

リングへ上がりブザーが鳴りました。やはり威圧感が凄まじかったです。私はマスボクシングなので、打撃を当てられる事はないだろうと油断していました。

その瞬間、私の顔面にSさんのパンチが、クリーンヒットとなりました。

私は、マスボクシングなのに何故だろうと動きが止まりました。Sさんは私にこう言いました。

「お前試合出たいんだろ?試合出たいなら俺の顔面狙ってこい」

そこで私は吹っ切れました。私も攻撃開始です。しかし中々当たりません。

ようやくヒットしたのは、フェイントを入れてからの顔面パンチでした。

その日の練習はいつも以上にクタクタになり帰宅しました。

ボクシングを続けるきっかけとなった出会い

初めてSさんとマスボクシングをやり数日経った頃、ジムでSさんと会いました。

Sさんの顔を見ると、何と私のパンチでアザが出来ているのです。学生の頃喧嘩もした事がなく、馬鹿にされていた私なのですが、上達していると実感できた出来事でした。

それからというもの、Sさんとジムで会う度に、マスボクシングでの練習になりました。

私が、プロ加盟のボクシングジムへ移籍する以前にいたジムでは、Kさん、そしてSさんとの出会いが非常に大きいものとなりました。二人の方との出会いは、私がボクシングを続けるきっかけとなりました。

戦績2戦2敗で引退した元プロボクサーの素直な心境
女子生徒ばかりの商業高校出身であることをバカにされるのが悔しくてボクシングを始めた自分。 その後もボクシングを続け20代後半になったとき、ジムである出来事が起こります。それは普通の方でしたら、ボクシングを辞めてしまったり、ボクシングを...