試合展開

柔術 試合

社会人のブラジリアン柔術!マスターの試合に初めて出場した経験

私は社会人としてキックボクシングの練習を続け、アマチュアの試合に出場するまでになりました。 そして、キックボクシングと並行し、こちらは週1回くらいと練習頻度は高くありませんでしたがブラジリアン柔術も習っていました。 ブラジリアン...
キックボクシング 試合

大月晴明のファイトスタイル…計算された、意表をつく試合の組み立て

大月晴明という選手をご存知でしょうか? キックボクシング界ではすごく有名な選手で、あだ名は『爆腕』。 豪腕ではなく、『爆』腕です。 試合を見たら一目瞭然、「ああ、こりゃ『爆』だわー」ってなります。 大月晴明の試合には...
ボクシング 試合

徳山昌守VS川嶋勝重のタイトルマッチを観光気分で見に行った結果

2004年6月28日、ボクシングW世界タイトルマッチ。 ボクサーをしていた20代前半の頃、一緒に入門した先輩と奮発してリングサイドで観戦した試合です。 ・WBC世界ミニマム級タイトルマッチ 王者 イーグル京和(角海老)VS 挑...
キックボクシング 技術

試合中の心構えは五輪書に学んだ!駆け引きに強くなる4つのポイント

「ヴェーい、ヴェーいヴェーい、おーい!!」 このセリフはキックボクシングでミドルキックの応酬の時によくあるセコンドの掛け声です。格闘技の試合のセコンドの掛け声は変わったものが多くて面白いですよね。 フルコンタクト系空手の試合だと...
柔道 試合

アトランタ五輪で見た!野村忠宏の最後まで諦めない柔道

高校時代に柔道を始めたものの、自らの才能に早々と限界や見切りを感じていた大学生時代、アメリカでアトランタオリンピックが開催されました。 数ある競技の中でもっとも楽しみにしていた柔道競技は大会の開幕直後から始まります。 世間は田村亮子...
総合格闘技 練習

なめられると怒る人は格闘技で不利!?単調なリズムが敗因だった!

MMA(総合格闘技)を始めたばかりの高校生の頃。私はスピードとパンチ力任せのスタイルでした。 初見の敵には強いのですが、ある程度技術のある人がこっちの動きを覚えてくると、堅実にゆっくり対処されて負ける、という問題を抱えていました。 ...
柔道 試合

柔道インターハイ県予選で先輩が優勝!驚きと涙の理由は?

高校は柔道の有名私立に入学し、全国大会出場を目標に毎日練習に明け暮れていました。 学年が1つ上のある先輩が私をよく可愛がってくれました。練習では、全力でぶつかってきてくれて、ヒートアップしたりすることもありましたが、練習が終わると笑顔...
柔道 試合

高校柔道団体戦、負けられない大将戦で優勢勝ちを狙う

自分が所属する高校柔道部は部員不足で3年3人、2年2人、1年2人。この少ないメンバーで大会に出ていました。 地方大会団体戦のトーナメントは独特で、例えば、ある県の優勝校とある県の予選突破した最下位の学校というような組み合わせで1回戦が...
総合格闘技 試合

関西柔術界のレジェンドの総合格闘技デビュー戦でセコンドを務めた話

ブラジリアン柔術が日本に知られ始めたのはおそらく1993年あたりだったと思います。ちょうど柔術家のホイス・グレイシーがアメリカの総合格闘技界で話題になっていたときです。 当時の私は合気道を学びながら、より実戦的な合気道を練習したいと思...
ボクシング 試合

田中恒成vsジョナサン・ゴンサレス…全盛期のボクサーはどう見る?

WBO世界フライ級チャンピオンの田中恒成が2019年8月24日に名古屋で同級1位の指名挑戦者のジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)を7ラウンドにTKOで破り、2度目の防衛に成功した。 その内容は、昭和のフライ級黄金時代を知る者にどの...