プロテストに合格して間もない時に見た那須川天心の試合

私がキックボクシングのプロテストに受かって間もない時、那須川天心の試合を初めて生で見に行ける機会ができました。

ジムのプロ選手がでる興行は応援の為いくのですが、ジムの選手も誰も出ない興行に行くことはほとんどなく、たまたまジムの友人が天心が出る興行を観に行かないかと誘ってくれて観に行くことになりました。

天心は私の3つか4つくらい上の世代の選手です。勿論プロになる前から知っているすごく尊敬できる選手でした。

初めて見る那須川天心の試合

興行は全部で10試合ほどあります。その日の天心の試合はメインイベントでした。

相手は強豪の中国の選手でした。名前は聞いたことなかったのですが過去の戦歴や中国での試合映像が流れるとすごく強いのが一瞬でわかるほどの相手でした。

私は中国の選手がもしかしたら勝ってしまうのではないかと思い、試合前からワクワクとドキドキですごく楽しみにしていました。

興行は沢山のKO決着があり進みが早くすぐに天心の試合になりました。入場から会場を沸かせるあのオーラや貫禄は本当に凄いと思います。

矢沢永吉さんの入場曲で入場してきた天心がリングに上がり相手の中国の選手もリングに上がります。カンツというゴングで試合が始まりました。

お互いガードを高くあげ相手を見ていてファーストコンタクトがなかなか出ません。天心の素早いローがあたり相手選手もローを返します。

天心のパンチが当たると相手選手もまけじとパンチを返します。パンチの打ち合いになりますが天心は相手のパンチをうまく流し相手のテンプルに数発クリーンヒットを当てます。打ち合いが終わるとお互い距離を置きステップします。

相手選手が少し離れた距離から飛び込むようにストレートを放ちますが天心はそれを避けボディーを返し相手を下がらせます。

ロープまで下がって跳ね返ってきたところに天心がミドルと見せかけた三日月蹴りを放つと、相手選手は丸まるようにお腹を抱えてうずくまり辛そうな表情を浮かべます。

レフェリーがダウンとみて10カウントを始めます。相手選手の顔がどんどん険しくなっていくのが分かりました。レフェリーが10カウントを終え天心のKO勝ち。終わってみると試合時間はわずか1分ほど。中国の超強豪相手に早すぎる決着で会場はみんな呆然です。

天心の影響?プロデビュー戦でKO勝利

この試合が心に残っている理由は那須川天心のプロとしての意識の高さや、あんなに注目を受けている中プレッシャーを自分の強みに変えることが出来るのが本当に凄いことだと感じたからです。

入場から試合内容を含めすべて自分に自信がなければできないことだと思います。天心のあの試合がプロになると言うのはどう言うことなのかを教えてくれた気がしました。

あの1分の試合の中で何万人もの人の心を動かすことができるのがすごいと思い、自分もそれ以上の人を沸かせられるような選手になりたいと思いました。

その後、自分のプロデビュー戦に向けて練習に励み念願のデビュー戦で1ラウンドでKO勝ちすることができました。天心のようなインパクトのある勝ち方は出来ませんでしたが自分の中では練習よりもよい動きができていいパフォーマンスが見せられたんじゃないかなと思っています。

天心の試合を見れたおかげで私は今の自分に満足することなくより高みを目指して日々努力することができているんだと思います。

(文・rio)

那須川天心vs江幡塁…敵無しの天心の今後はボクシング?ONE?│RIZIN2019.12.31
2019年の大晦日に開催されたRIZINキックボクシングルールでの一戦。 那須川天心vs江幡塁。 那須川天心はどんなキックボクサーか キックボクシング界の神童・那須川天心。33戦無敗、弱冠21歳にして複数のタイトルを保持する。 ...