柔道

柔道 技術

1980年代の柔道経験…基本中の基本である背負い投げを習得!

柔道は現在50代になる私が初めて経験した格闘技です。 中学1年の頃、虐められるのが嫌で格闘技好きの友達と一緒に始めました。1981~1983年頃のことです。 この当時は初代タイガーマスクの登場でプロレ ...

柔道 練習

柔道で投げられやすい理由と、投げられないためのトレーニング

2019/8/18    , ,

当時私は、大学柔道部に所属しており日々練習に励んでいました。通常の練習だけではなく、練習後の筋力トレーニングにも励み、体重の2倍以上の重量を扱えるほど筋力を獲得しました。 しかし、試合ではなぜか相手に ...

柔道 技術

帯から下を触れない新ルールでも決まる小内巻き込みのやり方

39歳になろうとする年に、マスターズ国際柔道大会に出ることを決意しました。現役を離れること約16年、ルールも新ルール適用なので帯から下を触ることができなくなっていました。 私は、肘と肩を故障してからと ...

柔道 練習

双手背負いで肘、肩負傷…足技のためにとダンスを始めた結果は?

私は中学1年生から、柔道を始めました。体がとても小さかったのもあり、担ぎ技から技を教えてもらった記憶があります。 双手背負いと言う技は、例えば右組でしたら、自分の右肘を相手の右脇に入れて担ぎ込んで投げ ...

柔道 指導者

初めての上司は猪熊功の弟弟子…柔道と仕事の両立を学ぶ

2019/8/6    ,

私が社会人になった時の初めての上司であるS先生の実家は横須賀市で、生花屋を手伝いながら猪熊功先生に稽古つけてもらっていたそうです。 その後、神奈川の国体メンバーとなったs先生は先鋒として出場した国体で ...

柔道 技術

相手選手との体格差で変わる!3種類の内股を使い分ける方法

2019/8/5    , , ,

中学に入学して柔道を始めた当時、すでに身長が175センチほどあった私は、顧問の先生から内股を教えてもらいました。 中学一年で既にこの体格。背が高いだけでなく、手足がとても長かったので、すぐに上達してい ...

柔道 試合

井上康生対策のためだけに技を磨いた男が、現役を続けていた!

2019/8/14    ,

柔道男子95kg以下級の井上康生選手は、スポーツ選手の中でも国内外問わず誰でも知ってるほどの有名な選手。シドニーオリンピックでの決勝で見せてくれた見事な内股は世界中を湧かせました。 アテネオリンピック ...

柔道 練習

1日10試合の中学柔道…スタミナをつけるサーキットトレーニング

2019/8/1    , ,

中学時代は体が小さく、筋力もなかったので試合時間いっぱいを攻め抜く体力はありませんでした。 延長戦なんて戦えたものではありません。試合開始1分過ぎるともう息が上がってしまうほど、体力はありませんでした ...

柔道 技術

柔道の寝技で、片足だけで相手を返す方法を研究

2019/7/31    , ,

私の進学した大学は寝技に力を入れており、稽古でも寝技の乱取に時間を割いていました。 それは監督の寝技重視の考えのもとに行われていました。大学生にまでなると、立技の技術を向上させるよりも、寝技の技術を向 ...

柔道 練習

柔道の打込みは準備運動?試合で投げを決めるための打込みのやり方

2019/7/31    , ,

全国大会出場を目指していた中学生のころ。当時は体も小さく、技のキレもなく、試合で投げて勝つことなどほとんどありませんでした。 得意技と言えるような技もなく、足技や背負い投げ、内股などを試合では掛けてい ...

Copyright© 格闘技を語ろう , 2019 All Rights Reserved.