剣道 練習

剣道地獄の「掛かり稽古流し」で、試合後半まで攻め続けるスタミナづくり

投稿日:

私はスタミナのない子供でした。小学校までは校内のマラソン大会ではいつもビリ。40人のクラスで40番が当たり前のようになっていました。

体も太っていましたが、相撲部で自分よりも体が大きく他の運動が苦手だった同級生より遅かったです。水泳でも25メートルを一本泳いだだけで息が上がり、2本目は泳げませんでした。

剣道でスタミナがないとどうなる?

小学校から剣道をしていましたが、私は身体能力が高くありませんでした。特にスタミナがなく、試合序盤では手数では負けることなく面や小手を打ち込めるのに、後半になると防戦一方になってしまい負けることが多かったです。先輩からは「開始30秒までは強いな(笑)」と言われていました。

スタミナが落ちてきた時の自分は、とにかく足が動かなくなってしまいます。前に出るときもゆったりと動いてしまい、そこを狙われることが多かったです。さらに、腕も上がらなくなり技が小さい動きからしか出せないため、相手のパワーに打ち負けてしまったり打突部位から外れてしまったりすることがありました。

さらに汗をよくかく体質のため、先輩方からは「まだ練習始まったばかりなのに、そんなバテてどうするんや」と怒られることが多くありました。

地獄のようだが効果のあった「掛かり稽古流し」

私が通っていた武道館では、基本練習が終わった後に少し休憩を入れ、試合感覚を養う練習(地稽古)を行なった後、「掛かり稽古流し」という練習を行なっていました。

どんな練習かというと、元立ち(技を受けてくれる人)が10人近く武道館の端から端に並びます。1人に対して20秒くらいで掛かり稽古(相手に面や小手をひたすら打ち込んでいく)を行い、太鼓がなると次の相手に休憩なしで向かっていきます。

ただ打ち込んでいくだけでも大変ですが、武道館が広かったので、次の相手に行くまで時間がかかります。全力ですり足をして向かっていくので、体力は限界近くまで行き、足の筋肉に疲労がたまり、とても辛かったです。

おまけに、相手も打ち込んでくるのでそれに負けないようにしなければなりませんでした。当然、相手ははじからはじまで移動することがないので比較的元気です。ハンデがあっても負けないように打ち込んで行こうとする精神面も鍛えることができました。練習が終わった後は肩で息が上がるのを通り越し、倒れそうになる事がしょっちゅうでした。これは私以外の部員も同じでした。

試合終盤はスタミナの差で勝負が決まる

掛かり稽古流しはとても辛い練習で、私も3、4人目くらいになるとバテていましたし倒れそうになることがありました。

冬にこの練習に取り組み、春くらいになった頃、今までの自分とは違うことに気づきました。

まず、技を打ち込んでいく回数が格段に多くなりました。試合後半になると防戦一方になっていた私でしたが、後半になっても面に飛び込んでいくことができ、その結果、練習試合の際に後半になっても技が決まることが多くなりました。

一番違いを感じたのは、春季大会でした。個人戦で強い選手に当たりましたが、後半になっても攻めていくことができました。延長に入って、流石に相手も疲れてきたのか、手数が少し減ってきました。

私も疲労はありましたが、以前の自分では考えられない粘り強さがありました。面で決めたか小手で決めたか少しうる覚えですが、相手がフッと気を抜いた瞬間に打ち込み、勝つことができました。辛かった掛かり稽古流しの成果でした。

剣道の掛かり稽古流しは二度とやりたくないと思う反面、辛かったけどやってよかったと思える、今でも印象に残る練習です。

テーマから選ぶ

柔道 (35)女子 (30)得意技 (26)剣道 (18)大学柔道部 (14)高校柔道 (12)ボクシング (11)試合展開 (11)減量 (10)練習法 (8)空手 (8)指導 (7)総合格闘技 (6)スタミナ (5)社会人 (5)システマ (5)体格差 (5)寝技 (4)高校空手 (4)キックボクシング (4)絞め技 (4)背負い投げ (4)カウンター (4)インターハイ (4)小手 (4)国体 (3)試合終盤 (3)柔術 (3)高校剣道 (3)中学柔道 (3)増量 (2)内股 (2)監督 (2)レスリング (2)プロレス (2)女子ボクシング (2)団体戦 (2)先輩 (2)自信 (2)デビュー戦 (2)村田諒太 (2)合気道 (2)膝つき背負い (2)水抜き (1)怪我 (1)スパーリング (1)出稽古 (1)横四方固め (1)田村亮子 (1)ヒクソン (1)チョーク (1)後の先 (1)古武術 (1)鹿島神流 (1)シューティング (1)グレイシー (1)左ストレート (1)バックポジション (1)中井祐樹 (1)MMA (1)アマチュアボクシング (1)安全性 (1)KO負け (1)サウスポー (1)右フック (1)関光徳 (1)バーリトゥード (1)腹筋 (1)立ち背負い (1)柔道全日本 (1)小川直也 (1)吉田秀彦 (1)斉藤仁 (1)腕立て伏せ (1)打たれ強さ (1)正木嘉美 (1)那須川天心 (1)1000万円シリーズスペシャルマッチ (1)極真空手 (1)出小手 (1)出頭小手 (1)攻め (1)痛み (1)呼吸 (1)受け身 (1)プレッシャー (1)小内巻き込み (1)佐竹雅昭 (1)ディープハーフガード (1)ハーフガード (1)クセ (1)歩行 (1)ダンス (1)ケガ (1)ドン・中矢・ニールセン (1)猪熊功 (1)矢尾板貞夫 (1)ジョナサン・ゴンサレス (1)大学剣道 (1)呼吸投げ (1)一教 (1)崩し (1)古賀稔彦 (1)ストライク (1)松田玲奈 (1)田中恒成 (1)東京五輪女子ボクシング (1)面抜き胴 (1)面返し胴 (1) (1)シャーシュカ (1)システマ剣術 (1)ミカエル・リャブコ師 (1)るろうに剣心 (1)亀田興毅 (1)朝乃山関 (1)相撲 (1)天海ツナミ (1)藤岡菜穂子 (1)強豪校 (1)小学生 (1)敗北 (1)桜庭和志 (1)中邑真輔 (1)筋トレ (1)新日本プロレス (1)試合運び (1)回り込み (1)修斗 (1)佐藤ルミナ (1)五味隆典 (1)ファイトマネー (1)反復練習 (1)中学相撲 (1)ジャブ (1)河野公平 (1)がぶり返し (1)がぶり (1)練習方法 (1)打込み (1)大外刈り (1)アッサン・エンダム (1)突き (1)井上尚弥 (1)裸絞 (1)乱取り (1)接近戦 (1)高波義行 (1)ウィリー・ウィリアムス (1)アントニオ猪木 (1)大学体育会 (1)体力 (1)先生 (1)

良く読まれている記事

合わせて読みたい

高校で柔道部に入部した時、2年生はおらず、3年生の先輩だけが6人いた。 話上手で面白い人、厳しいが面倒見の良い人、いろんなタイプの人がいたが、ひときわ気になる先輩がA先輩だった。 A先輩は少しだけ人と ...

RIZINやUFCで見ることができる、打撃あり寝技ありの攻防は今でこそ当たり前ですが、90年代のある時期までは存在しませんでした。 当時、「バーリトゥード」と呼ばれ、まだ全貌が明らかでなかった新しい格 ...

私が、剣道をし始めたのは小学校4年生(1980年代)の時でした。きっかけは、運動不足気味だった私を見るに見かねて、両親が近所の町道場の入門を勧めきたことでした。 当時は、空前の剣道ブームで、私が通って ...

柔道男子95kg以下級の井上康生選手は、スポーツ選手の中でも国内外問わず誰でも知ってるほどの有名な選手。シドニーオリンピックでの決勝で見せてくれた見事な内股は世界中を湧かせました。 アテネオリンピック ...

学生時代は柔道部に所属していましたが、柔道を始めたのが大学生からであったため、あまり強くはなれず、満足な結果を残すことができませんでした。 特に柔道の要である投げ技のキレが他選手と比べて劣っておりまし ...

以前から剣道、日本拳法、居合を嗜んでいたが、どれもが学生時代に部活等で始めたのがきっかけであった。 どれも最初は遊びや体育の授業の延長のような物としてとらえていた。そこに通う学費は親が出していてくれた ...

39歳になろうとする年に、マスターズ国際柔道大会に出ることを決意しました。現役を離れること約16年、ルールも新ルール適用なので帯から下を触ることができなくなっていました。 私は、肘と肩を故障してからと ...

自分は試合までに約10Kgの減量を行う。普段は75Kgで試合は65.8Kg以下のフェザー級で試合をしていた。 計量が終わってから試合までに5~7Kgは戻すことがきた。これでコンディション良く動けていた ...

2001年といえば世の中はK-1ブームの真っ只中。外国人選手も多く活躍し、日本人でも格闘家が、アイドルのような存在だったころ。 地上波でも、普通に格闘家がバラエティ番組に出演していた。 格闘家が雑誌の ...

私は中学生の頃、個人戦で全国大会出場をめざしていました。しかし地元でずっと戦っていたため、得意技や試合の運び方、クセなど全て研究されてしまい、簡単に勝つことが難しくなってきました。 そんななか寝技の強 ...

私の父は剣道の指導者だったため半強制的に剣道を習わされた。そのため、人一倍厳しくしごたれたであろう。技も沢山教えてもらった。その中で一番好きな技が胴である。 初めての得意技は面返し胴 剣道は時間内に相 ...

-剣道 練習
-, , ,

Copyright© 格闘技を語ろう , 2019 All Rights Reserved.