ボクシング 裏話

プロボクサーって食べていけるの?生々しいファイトマネー事情

投稿日:

プロボクサーが日本チャンピオンや東洋太平洋チャンピオンになってもボクシング一本で食べていくのは難しい。最近ではこうした事実がスポーツファンの間で知られる様になってきた。

中には世界チャンピオンでも油断できない程のマイナーぶりである。モンスター井上尚弥以外でボクシング一本だけで悠々自適に生活できている選手はロンドンオリンピック金メダリストで前世界ミドル級チャンピオンの村田諒太ぐらいではないでしょうか。

勿論、「俺はボクシング一本で食っているぞ!」という選手が他にも何人も存在するのは承知の上です。でも、彼らの中には、無理をして「俺の職業はプロボクサーなのだ!」という意地を見せているだけであって、負けるとガラリと一気に事情が変わるのがこの世界です。

ボクシング選手を起用したテレビCMがほとんどないのはもし負けると、一気に商品イメージにも傷がつくからで、まず現役時代にテレビCMに起用された選手は、最近では村田諒太しか知りません。村田の場合はイケメンで好感度も高く、もうある意味完結しています。

プロボクサーのファイトマネーはどれくらい?

今回私が取り上げたいのはもっと底辺の4回戦、6回戦クラスの選手の事です。4回戦選手のファイトマネーは現在現金で6万円、切符での支払いを希望すると12万円との事だが、うらやましい限りです。

今から30年ぐらい前までは、4回戦ボーイのファイトマネーは現在の半分位で、自分の出る試合のチケットで支払われることが圧倒的だった。もちろんこれは地元での試合の話で、地方に出向いての試合は現金でした。切符を売らなくて良いので地方の試合大歓迎の選手が多かったのもうなずけます。

実際問題として、ほとんどの選手は仕事(飲食関係が圧倒的に多かった)を休んで試合に出るので、自分の店関係の人で試合に来られる人は限られており、特にボクシングが好きではない人もおり、定価で切符を買ってもらうのは気が引ける選手がほとんどでした。

そのくせジムにもよるが、マネージャー料の33%だけは現金で払わなければならないジムもある(あった)と聞いています。

私の会社の地下にある、中華料理店の店員は有名な世界チャンピオンを何人も輩出したジムの4回戦ボーイだったが、出前を頼む度に私にこぼしていました。

沖縄出身のこの彼は私に自嘲気味に「ファイトマネーではなくて、ファイト支払いですよ!」、とこぼしていたが、プロなのに結果としてお金を貰うのではなくて、お金を払って試合をするそうです。彼が試合の為に仕事を休むので、切符を買って見に行く人などおらず、ボクシングを見たいという友人もすくないそうです。。

プロとはお金をもらうからこそプロなのに、お金を払ってプロの試合に出るとは笑い話にもならない。この選手はしばらくしてボクシングを辞めたが賢明だったと思います。ちなみに、彼が所属していたジムは現在では閉鎖されています。

60年代のファイトマネー事情

私の場合も、ファイトマネーとしてお金を貰ったのは地方で試合した1967年のデビュー戦の3,800円だけで、地元の大阪でやった残りの5試合はファイトマネーの代わりに自分の試合のチケットだけだった。全部兄弟や友達にただであげていた。

おまけに、その当時のジムでの練習費の月謝の5千円はプロになっても支払い続けていたので、これなら入学金や授業料が免除の大学のボクシング部に入った方が良かったかもと思わないでもありませんでした。

現在の状況はその当時と比べて、相当改善されている様ですが、実態はジムによって大きく異なりますので、これからプロボクサーを志す人は注意してほしいものです。どこのジムに入れば、ボクシング一本で食べていくのは難しくとも、少なくとも「ファイト支払い」のような状態にならないかを考えてジムをじっくり選ぶこと。

昔では考えられなかった女性会員の存在

暗い話が続きましたが、ここで一つジム経営サイドからの見ての明るい話は、今ボクシングジムの経営の屋台骨を支えている会員の少なからず大きな部分が女性のフィットネス会員だという事です。

会員の多くは「ボクササイズ」が目的で、強い有名な選手が出なくても女性会員が沢山いる都会のジムが沢山あります。これは昔ではまったく見られなかった状況です。

ジムの経営陣はどうかこの追い風に乗って、選手第一を貫いてください。最近では日本にも強い女性の世界チャンピオンも何人か存在します。

それに、仕事を終えたOLが街の一般のスポーツジムに行かないで、ボクシングジムでエクササイズしてくれているという事は、このスポーツが肉体強化、ストレス解消の両面からも非常に効果的であるという事を証明してくれているようにも思います。

テーマから選ぶ

柔道 (43)得意技 (32)女子 (31)剣道 (20)高校柔道 (18)ボクシング (14)大学柔道部 (14)練習法 (13)試合展開 (13)減量 (11)総合格闘技 (11)空手 (10)キックボクシング (8)スタミナ (7)指導 (7)社会人 (5)システマ (5)体格差 (5)先生 (4)高校空手 (4)中学柔道 (4)絞め技 (4)高校剣道 (4)小手 (4)インターハイ (4)カウンター (4)寝技 (4)背負い投げ (4)国体 (3)試合終盤 (3)団体戦 (3)怪我 (3)先輩 (3)内股 (3)柔術 (3)古賀稔彦 (3)伝統派空手 (3)増量 (3)監督 (2)フック (2)ローキック (2)フルコンタクト空手 (2)東京五輪 (2)レスリング (2)村田諒太 (2)自信 (2)デビュー戦 (2)膝つき背負い (2)女子ボクシング (2)プロレス (2)合気道 (2)1000万円シリーズスペシャルマッチ (1)鹿島神流 (1)古武術 (1)後の先 (1)チョーク (1)バックポジション (1)田村亮子 (1)ファイトマネー (1)横四方固め (1)スパーリング (1)水抜き (1)左ストレート (1)腕立て伏せ (1)那須川天心 (1)亀田興毅 (1)シューティング (1)出稽古 (1)グレイシー (1)五味隆典 (1)アマチュアボクシング (1)安全性 (1)KO負け (1)サウスポー (1)関光徳 (1)腹筋 (1)打たれ強さ (1)ヒクソン (1)立ち背負い (1)小川直也 (1)吉田秀彦 (1)斉藤仁 (1)正木嘉美 (1)MMA (1)バーリトゥード (1)柔道全日本 (1)中井祐樹 (1)佐藤ルミナ (1)回り込み (1)呼吸投げ (1)一教 (1)崩し (1)ストライク (1)松田玲奈 (1)るろうに剣心 (1)面抜き胴 (1)面返し胴 (1)大学剣道 (1) (1)システマ剣術 (1)ミカエル・リャブコ師 (1)ジョナサン・ゴンサレス (1)田中恒成 (1)矢尾板貞夫 (1)プレッシャー (1)極真空手 (1)出小手 (1)シャーシュカ (1)出頭小手 (1)佐藤幸治 (1)きざみ突き (1)ストレート (1)肘打ち (1)大内刈り (1)山本KID (1)大月晴明 (1)ガード (1)柔道整復師 (1)ガゼルパンチ (1)ブラジリアンキック (1)タイソン (1)寝業 (1)巴十字 (1)中学剣道 (1)切り返し (1)コンビネーション (1)ケンケン内股 (1)グラウベフェイトーザ (1)フランシスコフィリオ (1)関節技 (1)修斗 (1)攻め (1)呼吸 (1)高波義行 (1)ウィリー・ウィリアムス (1)アントニオ猪木 (1)大学体育会 (1)河野公平 (1)井上尚弥 (1)ジャブ (1)筋トレ (1)接近戦 (1)天海ツナミ (1)強豪校 (1)小学生 (1)敗北 (1)桜庭和志 (1)中邑真輔 (1)新日本プロレス (1)反復練習 (1)試合運び (1)藤岡菜穂子 (1)痛み (1)乱取り (1)突き (1)受け身 (1)小内巻き込み (1)ドン・中矢・ニールセン (1)佐竹雅昭 (1)ディープハーフガード (1)ハーフガード (1)クセ (1)歩行 (1)裸絞 (1)ダンス (1)朝乃山関 (1)中学相撲 (1)相撲 (1)がぶり返し (1)がぶり (1)打込み (1)大外刈り (1)アッサン・エンダム (1)猪熊功 (1)初心者 (1)

良く読まれている記事

合わせて読みたい

高校で柔道部に入部した時、2年生はおらず、3年生の先輩だけが6人いた。 話上手で面白い人、厳しいが面倒見の良い人、いろんなタイプの人がいたが、ひときわ気になる先輩がA先輩だった。 A先輩は少しだけ人と ...

RIZINやUFCで見ることができる、打撃あり寝技ありの攻防は今でこそ当たり前ですが、90年代のある時期までは存在しませんでした。 当時、「バーリトゥード」と呼ばれ、まだ全貌が明らかでなかった新しい格 ...

2000年代に自衛隊に在籍しながらMMA(総合格闘技)に取り組んでいました。 私はもともと剣道と伝統派空手をやっていたので打撃は得意だったのですが、接近してからの打ち合いのコツがつかめずにいました。 ...

キックボクシングを始める前はずっと野球をしていたのですが、中学の野球部を引退し、何か違う事を始めてみたいと思いキックボクシングを始めました。 初めの頃は趣味程度で、週2~3回ジムに行くくらいでした。で ...

小学2年生の時にたまたまテレビで流れていたバルセロナオリンピックの柔道を見て衝撃を受けました。 そこに映っていたのは、現在強豪である環太平洋大学で監督をやっている、当時71Kg級のオリンピックチャンピ ...

私が、剣道をし始めたのは小学校4年生(1980年代)の時でした。きっかけは、運動不足気味だった私を見るに見かねて、両親が近所の町道場の入門を勧めきたことでした。 当時は、空前の剣道ブームで、私が通って ...

小学生の頃、周囲の友人達は、サッカーや野球に明け暮れていた頃、昔から少し血の気の多かった僕は、なぜか急に「空手がやりたい」といったらしく、それが空手との出会いである。 周囲では格闘技をやっている人間は ...

柔道を始めて1年半が経った中学2年生の頃、力が急激についてきたのか試合でも勝ちが多くなってきました。 しかし、自分より格段に強い相手と練習をする機会がなかったので、体の大きな選手には勝てなくなっていた ...

柔術の地方大会の出場にむけて減量を行いました。当時私が住んでいた地方の大会では、軽量級の選手は充実しているのですが、重量級は選手が充実していませんでした。 場合によっては重量級の試合が無くなってしまう ...

合気道は体技が基本技にして150本、応用技を加えると3000以上とも万を超えるともいわれます。そして、その習得は極めて困難とされます。 なぜなら、個々の技数が多く、すべてを習得するのに年数が非常にかか ...

柔道男子95kg以下級の井上康生選手は、スポーツ選手の中でも国内外問わず誰でも知ってるほどの有名な選手。シドニーオリンピックでの決勝で見せてくれた見事な内股は世界中を湧かせました。 アテネオリンピック ...

学生時代は柔道部に所属していましたが、柔道を始めたのが大学生からであったため、あまり強くはなれず、満足な結果を残すことができませんでした。 特に柔道の要である投げ技のキレが他選手と比べて劣っておりまし ...

以前から剣道、日本拳法、居合を嗜んでいたが、どれもが学生時代に部活等で始めたのがきっかけであった。 どれも最初は遊びや体育の授業の延長のような物としてとらえていた。そこに通う学費は親が出していてくれた ...

39歳になろうとする年に、マスターズ国際柔道大会に出ることを決意しました。現役を離れること約16年、ルールも新ルール適用なので帯から下を触ることができなくなっていました。 私は、肘と肩を故障してからと ...

自分は試合までに約10Kgの減量を行う。普段は75Kgで試合は65.8Kg以下のフェザー級で試合をしていた。 計量が終わってから試合までに5~7Kgは戻すことがきた。これでコンディション良く動けていた ...

2001年といえば世の中はK-1ブームの真っ只中。外国人選手も多く活躍し、日本人でも格闘家が、アイドルのような存在だったころ。 地上波でも、普通に格闘家がバラエティ番組に出演していた。 格闘家が雑誌の ...

私は中学生の頃、個人戦で全国大会出場をめざしていました。しかし地元でずっと戦っていたため、得意技や試合の運び方、クセなど全て研究されてしまい、簡単に勝つことが難しくなってきました。 そんななか寝技の強 ...

私の父は剣道の指導者だったため半強制的に剣道を習わされた。そのため、人一倍厳しくしごたれたであろう。技も沢山教えてもらった。その中で一番好きな技が胴である。 初めての得意技は面返し胴 剣道は時間内に相 ...

高校時代柔道部に入部した。柔道部は体重別の階級があり、私の時代は48キロ級以下級から始まり、52キロ以下、56キロ以下、61キロ以下、64キロ以下、67キロ以下、74キロ超級、と分かれていた。 この中 ...

-ボクシング 裏話
-,

Copyright© 格闘技を語ろう , 2019 All Rights Reserved.