柔道 減量増量

柔道女子の減量事情…国体に向けて1カ月に10キロ落とす!

更新日:

大学3年生の頃は、まさに柔道人生で最も強かった時期。強いということは、それなりに筋力もついてきて、重量級の選手とも普通に稽古ができるくらいの力になっていました。

筋力は筋肉の断面積に比例すると言われるがゆえに、筋力と比例して筋肉量もかなり増えてまして、後ろから見たらまるで男みたいな体つきに。

女としては悲しいですが、当時はその筋肉モリモリの男勝りな体に誇りを持っていて、更衣室の鏡でポージングを取っていた記憶があります。

筋肉がついたことで減量が困難に

しかし、筋肉モリモリでも私は52kg以下級、強くなればなるほど減量も比例して苦しくて難しくなっていったのでした。

最高で62kgくらいまで増えたでしょうか、約1カ月で10kgは減量してました。

更には、強くなるにつれて県やブロック代表としての大会が多くなり、計量は絶対クリアしないといけないというプレッシャーに、かなり苦しんだのをよく覚えています。

大学3年ともなると、それなりに栄養や減量に関する専門的な知識がついています。しかし、人間の体はそう簡単にはいかず、やはり最後は毎回苦しむことに。

1カ月で10キロ減の減量計画

今でも記憶に残っている減量は、ブロック代表として出場した国体でのこと。

夏が過ぎ、11月くらいの開催だったと思いますが、この時期はとにかく体重が落ちないのです。

1カ月かけて行う約10kgの減量は、以下のような計画で実施しました。

減量最初の1週間は楽に落ちる

まずは「減量スーツ」と言われる、柔道衣の下に着るサウナスーツみたいなやつを常に装着して稽古をします。いつもの倍以上の汗が出るので、食事量はそのままでも最初の1週間で3〜4kgは落ちました。

減量2週目から、さらに絞る

次の2週間からは、食事の量を減らしていきます。1週間かけて炭水化物と脂質の割合を通常の半分に減らしていき、次の1週間で3分の1まで減らしていきます。加えて、朝晩にそれぞれ5kmのジョギングや水泳などの有酸素運動で更に絞っていきました。

試合当日1週間前までに55kgを切っていれば確実に成功すると言うのが、それまでの経験で得た数字ですが、その時は56kgくらいから落ちなくなっていました。

減量最後の1週間はまさに地獄

さあ、残り1週間はまるであしたのジョー、地獄の始まりです。

最初の4日は野菜と果物、低カロリーのゼリーのみの生活で2kgの減量、そしてラスト3日はほぼ飲まず食わずの生活で絞り上げていきます。

それでも練習はしないといけないので、顔は青ざめてフラフラ、生きていくのがやっとという感じ、きついを通り越していたのか意識朦朧な地獄の毎日でした。

頭の中に美味しいジュースや食べ物が頭に浮かんでは消えて。夢でも食べる夢がでてきて、食べてしまった!と、慌てて飛び起きたこともあるくらいです。トイレの水も飲みたい、そんなレベルまで追い込んでいました。

前日にさらなる減量

前日までにラスト500gまで減らせたのですが、絞りに絞ってきたのでそこからが落ちないんです。

汗も、唾液も出ない状態、ガムを噛みながら大浴場の湯船に浸かって残り一滴まで絞るのが最後の方法でした。

ふと辺りを見渡すと、私と同じような選手が青い顔をして何人も浴槽に浸かっていました。

ライバルのはずなのに、「大丈夫ですか?」「きつい、もう無理かもー」とか話して励ましあい、微妙な親近感と一体感のようなものを感じました。

そして、計量へ

前日は空腹と喉の渇きで殆ど寝ないまま朝を迎えました。朝一番で会場に向かって仮計量を行うと51.3kg、よし、いける!

両手にジュースを持って、足早に計量会場へ行きました。1番に並んで1番に計量をパスするぞと意気込んだのもつかの間、見渡すと既に十数人の選手が並んでいました。前日、浴槽で話を交わしたメンバーばかり、考えることはみんな同じだったのですね。

計量は、とりあえず1回でクリアしました!

…良かった。終わってすぐに両手に持ったジュースをがぶ飲み、その美味しかったこと、この瞬間が最高に幸せなのは減量経験者ならおわかりいただけるかなと思います。

(文・黒帯ももこ)

テーマから選ぶ

柔道 (35)女子 (30)得意技 (26)剣道 (18)大学柔道部 (14)高校柔道 (12)ボクシング (11)試合展開 (11)減量 (10)練習法 (8)空手 (8)指導 (7)総合格闘技 (6)スタミナ (5)社会人 (5)システマ (5)体格差 (5)寝技 (4)高校空手 (4)キックボクシング (4)絞め技 (4)背負い投げ (4)カウンター (4)インターハイ (4)小手 (4)国体 (3)試合終盤 (3)柔術 (3)高校剣道 (3)中学柔道 (3)増量 (2)内股 (2)監督 (2)レスリング (2)プロレス (2)女子ボクシング (2)団体戦 (2)先輩 (2)自信 (2)デビュー戦 (2)村田諒太 (2)合気道 (2)膝つき背負い (2)水抜き (1)怪我 (1)スパーリング (1)出稽古 (1)横四方固め (1)田村亮子 (1)ヒクソン (1)チョーク (1)後の先 (1)古武術 (1)鹿島神流 (1)シューティング (1)グレイシー (1)左ストレート (1)バックポジション (1)中井祐樹 (1)MMA (1)アマチュアボクシング (1)安全性 (1)KO負け (1)サウスポー (1)右フック (1)関光徳 (1)バーリトゥード (1)腹筋 (1)立ち背負い (1)柔道全日本 (1)小川直也 (1)吉田秀彦 (1)斉藤仁 (1)腕立て伏せ (1)打たれ強さ (1)正木嘉美 (1)那須川天心 (1)1000万円シリーズスペシャルマッチ (1)極真空手 (1)出小手 (1)出頭小手 (1)攻め (1)痛み (1)呼吸 (1)受け身 (1)プレッシャー (1)小内巻き込み (1)佐竹雅昭 (1)ディープハーフガード (1)ハーフガード (1)クセ (1)歩行 (1)ダンス (1)ケガ (1)ドン・中矢・ニールセン (1)猪熊功 (1)矢尾板貞夫 (1)ジョナサン・ゴンサレス (1)大学剣道 (1)呼吸投げ (1)一教 (1)崩し (1)古賀稔彦 (1)ストライク (1)松田玲奈 (1)田中恒成 (1)東京五輪女子ボクシング (1)面抜き胴 (1)面返し胴 (1) (1)シャーシュカ (1)システマ剣術 (1)ミカエル・リャブコ師 (1)るろうに剣心 (1)亀田興毅 (1)朝乃山関 (1)相撲 (1)天海ツナミ (1)藤岡菜穂子 (1)強豪校 (1)小学生 (1)敗北 (1)桜庭和志 (1)中邑真輔 (1)筋トレ (1)新日本プロレス (1)試合運び (1)回り込み (1)修斗 (1)佐藤ルミナ (1)五味隆典 (1)ファイトマネー (1)反復練習 (1)中学相撲 (1)ジャブ (1)河野公平 (1)がぶり返し (1)がぶり (1)練習方法 (1)打込み (1)大外刈り (1)アッサン・エンダム (1)突き (1)井上尚弥 (1)裸絞 (1)乱取り (1)接近戦 (1)高波義行 (1)ウィリー・ウィリアムス (1)アントニオ猪木 (1)大学体育会 (1)体力 (1)先生 (1)

良く読まれている記事

合わせて読みたい

高校で柔道部に入部した時、2年生はおらず、3年生の先輩だけが6人いた。 話上手で面白い人、厳しいが面倒見の良い人、いろんなタイプの人がいたが、ひときわ気になる先輩がA先輩だった。 A先輩は少しだけ人と ...

RIZINやUFCで見ることができる、打撃あり寝技ありの攻防は今でこそ当たり前ですが、90年代のある時期までは存在しませんでした。 当時、「バーリトゥード」と呼ばれ、まだ全貌が明らかでなかった新しい格 ...

私が、剣道をし始めたのは小学校4年生(1980年代)の時でした。きっかけは、運動不足気味だった私を見るに見かねて、両親が近所の町道場の入門を勧めきたことでした。 当時は、空前の剣道ブームで、私が通って ...

柔道男子95kg以下級の井上康生選手は、スポーツ選手の中でも国内外問わず誰でも知ってるほどの有名な選手。シドニーオリンピックでの決勝で見せてくれた見事な内股は世界中を湧かせました。 アテネオリンピック ...

学生時代は柔道部に所属していましたが、柔道を始めたのが大学生からであったため、あまり強くはなれず、満足な結果を残すことができませんでした。 特に柔道の要である投げ技のキレが他選手と比べて劣っておりまし ...

以前から剣道、日本拳法、居合を嗜んでいたが、どれもが学生時代に部活等で始めたのがきっかけであった。 どれも最初は遊びや体育の授業の延長のような物としてとらえていた。そこに通う学費は親が出していてくれた ...

39歳になろうとする年に、マスターズ国際柔道大会に出ることを決意しました。現役を離れること約16年、ルールも新ルール適用なので帯から下を触ることができなくなっていました。 私は、肘と肩を故障してからと ...

自分は試合までに約10Kgの減量を行う。普段は75Kgで試合は65.8Kg以下のフェザー級で試合をしていた。 計量が終わってから試合までに5~7Kgは戻すことがきた。これでコンディション良く動けていた ...

2001年といえば世の中はK-1ブームの真っ只中。外国人選手も多く活躍し、日本人でも格闘家が、アイドルのような存在だったころ。 地上波でも、普通に格闘家がバラエティ番組に出演していた。 格闘家が雑誌の ...

私は中学生の頃、個人戦で全国大会出場をめざしていました。しかし地元でずっと戦っていたため、得意技や試合の運び方、クセなど全て研究されてしまい、簡単に勝つことが難しくなってきました。 そんななか寝技の強 ...

私の父は剣道の指導者だったため半強制的に剣道を習わされた。そのため、人一倍厳しくしごたれたであろう。技も沢山教えてもらった。その中で一番好きな技が胴である。 初めての得意技は面返し胴 剣道は時間内に相 ...

-柔道 減量増量
-, , , ,

Copyright© 格闘技を語ろう , 2019 All Rights Reserved.